仕事だけの日常を忘れて、DIYを楽しみましょう。やってみれば今まで見えなかった事も見えてくる。何でもできるよね!dekiruyone.com

DIYの工具を選ぶ

DIYをしていてかなり重要なことは、工具を選ぶ事ではないでしょうか?さらにこれが、楽しみでもありますよね。
同じ作業をするにも便利な工具を使いこなすことで、効率的に短時間できれいにモノ造りする事ができます。逆にダメな工具を使ったおかげで無駄な時間と経費を費やしてしまう事もあります。この記事は私が購入して失敗した工具と、納得して長期に渡って快適に使用できている工具の違いや要点を書き留めてみました。

研がなくていいカンナがある
木工加工でケースバイケースですが、柾目のきちんとした加工面を出したいと思ったら「カンナ」は他に類を見ない工具です。ついついサンドペーパーやベルトサンダーや等で削りつぶしてしまいますが、加工面にぜひとも「切った」面が欲しいときがあります。そんな時は「カンナ」なんですが、刃がなまっていたりすると「切る」と言うより「むしる」ような感じの仕上げになってしまいます。その為カンナ掛けの際は刃の出っ張り具合と、切れ味にはかなりこだわります。
コードレスドライバ・ドリルを選ぶ
コードレスドライバーは、日ごろから一番使う電動工具です。木ねじ・コースレッド等を何本も締め込む時などには通常のドライバーでやっていると手に水膨れが出来て皮が破れたりしてつらいんですがこれがあるとほんと楽です。メーカーと種類については星の数ほど出ています。
早速、選ぶ時の要点です。
電動インパクトレンチ(タイヤ交換用)を選ぶ
インパクトドリル(タイヤ交換用)には専用品がいい 以前の記事でコードレスドライバー選びの要点を書きましたが、今回はその中で触れた「タイヤ交換用100V」のインパクトレンチについて書きます。今までに都合3台(エアツールも入れると4台)のインパクトレンチ(タイヤ交換用100V)を使用して来ましたが、その中で起こったトラブルや感じた事を書きたいと思います。1.ブラシ部分が落下で破損して買い替える事に 初代のインパクトレンチ(タイヤ交換用100V)は何の問題もなく使用していましたが、誰かが本体をアスファルト面に落下させてしまったのか、ブラシ交換のた...
コンクリートの穴あけにはハンマードリル
コンクリートの穴あけに適したドリルは振動が更に強い ワイヤレス・AC100Vインパクトレンチ(タイヤ交換用)とドリルを紹介しましたが、コンクリートの穴あけには振動ドリルよりも更に衝撃の強い「ハンマードリル」がスムーズに穴あけ出来ます。下の写真は父所有の物です。回転数は金属加工よりももっぱら木工用・コンクリート用ドリルに合っている感じです。しょっちゅう使いませんがエアコン設置の時にホース引き出しのため外壁面に穴を何個も空けたりする時や換気扇の排気口加工、車庫の車止めの設置時の穴あけには短時間で穴あけできるので、ほんと楽です。外壁に大きな穴あけをする際は...
1.エアコン取付けDIYに必要な道具を選ぶ
1.ゲージ・マニホルドセット 「ゲージ・マニホルド」とは何かというと、エアコンの真空引きや・ガス充填時に使用する。ホースとメーター・ガスコックが一緒になったものです。購入するうえで一番失敗するのがこれではないでしょうか。(私も失敗しちゃいました(;^_^A)何を失敗するかと言うと使用する冷媒ガスと種類の違う、セットを買ってしまう!と言う失敗。今DIY志願の皆さんのお手元に届くルームエアコンのほとんど100%に使用されている冷媒ガスは「R32」です。その「R32」が使用されているエアコンの「室外機」のコック(三方弁)のね...
トップへ戻る