仕事だけの日常を忘れて、DIYを楽しみましょう。やってみれば今まで見えなかった事も見えてくる。何でもできるよね!dekiruyone.com

6.電話機の設定(Panasonic KX-UT123n)

1.Pi本体を電話としてNTTひかりルーターに登録

前頁でRasPBXとしての設定は完了しましたので、それぞれの電話をPiに登録していきます。
その前にPiがNTTひかり電話に登録されているかどうかブラウザからNTTひかり電話ルーターにアクセスして確認しておいてください。「電話設定」から「内線設定」を表示させて内線番号「7」の「登録状態」が「登録済み」になっているはずです。なっていない場合は欄の左側「利用有無」にチェックが入っているかどうか確認してください。MACアドレス、ユーザID、パスワードが間違えなく設定されていれば、「登録済み」になっていると思います。pjsipを使っていますので確実に登録できます。

 登録状態の欄が登録済みになっている

2.各SIP電話機をPi(PBX)に登録

早速電話(KX-UT123N)1台目をPiに登録してみます。最初だけ電話機を操作してIPアドレスの設定をしてやってください。GrandStream GXP1620もそうでしたが電話器はDHCPサーバー(NTTひかり電話ルーター)から上手くipアドレスや動作セグメントをとれないようです。(DHCPオプション 43,66,67,120等の違いか?)
面倒ですがネットワークケーブルACアダプタを(PoeSWの人はそれを)接続してください。
電話上部に4つ並んでいる一番左側の「設定」ボタンを押し
ネットワーク設定」-「ネットワーク」-「アドレス指定」と辿って、「192.168.2.10
とダイヤルから入力して「決定」を押します。
更に「ネットワーク設定」-「内臓Web」を選択して、矢印ボタンで「オープン」を選んで「決定」を押します。これでWebブラウザから電話を設定できるようになりました。

3.各SIP電話機にアクセスする

今度はWebブラウザから電話機にアクセスします。先ほど設定したアドレス「192.168.2.10」をアドレスバーに打ち込むと認証ダイアログが出ますから
ID「admin
Password「adminpass」(初期パスワード)
でログインします。この画像は既に登録になっていますが下の作業が終わるとこうなります(;^_^A)

 voipステータスを見る

4.ネットワーク環境を電話に設定する

画面上のメニュータグの「ネットワーク設定」をクリックすると「ネットワーク基本設定」が出ますから、画像のように設定します。「IPアドレス」の所だけそれぞれの電話機によって変えてください。
サブネット,DGW,DNSなどは皆さんの環境によって変更してください。

 ネットワーク設定

5.管理者パスワード変更

次に管理者パスワード変更を変更します。「システム設定」タグから「管理者パスワード変更」を選びます。ユーザーIDは「admin」で固定です。初期パスワードの「adminpass」から自分なりのパスワードに書き換えて「登録」をクリックします。(次からはこのパスワード)
同じく左ペインの「Webサーバー設定」をクリックし「ポートクローズ時間」を最大の「1440」にして「登録」をクリックします。(この時間を過ぎるとwebアクセスできなくなります。電話ボタンからオープンしなければダメ。改善策は後ほど)
更に左ペインの「時刻同期設定」をクリックし「NTPサーバーアドレス」を「ntp.jst.mfeed.ad.jp」に「タイムゾーン」を「GMT +09:00」と選んで「登録」をクリックします。途中で「再起動」と出る時がありますが、素直に再起動してやってください。

 簡単なものでもOK

6.電話機のVoip設定

Voip」タグの左ペインから
SIP設定-回線1」の設定を画像の様にします
電話番号」はこの電話機の内線番号で「10
SIP認証」欄の「認証ID」が「10
認証パスワード」は「pass10
「192.168.2.253」はPi本体のアドレス
ポート名の付くものはすべて「5060」です。
DNS SRV」は「無効」にします。
それぞれの電話機でユニークなのは
電話番号」と「認証ID
の所だけです。他の部分は電話機全て同じ設定です。最後に「登録」をクリックしてください。

 Voice Over internet protocol設定

 電話機に名前を付ける

次に「電話設定」タグの左ペインから
電話機能設定 -[回線1]」の設定を画像の様にします
ディスプレイネーム」はこの電話機のディスプレイに表示される名前ですから「新宅部屋
と記述し、最後に「登録」をクリックしてください。

 ディスプレイネーム

7.電話に一定時間後ブラウザからアクセスできなくなるのを防止

次は「保守」タグの左ペインから
プロビジョニング保守」の設定を選びます。
プロビジョニング」のラジオボタン「有効」にチェック
スタンダードファイルURL」の欄には「https://192.168.2.253/panasonic/kx-ut123.cfg」
最後に「登録」をクリックしてください。
この項目は次の「プロビジョニング」設定が終わらないと有効になりません。

 
 
〇ここで使用したツール
・windows10 PC
・panasonicSIP電話機(KX-UT123N)
・NTTルーター PR-400NE(MI)
〇ここで使用した材料・消耗品
・なし
トップへ戻る